スポンサーリンク

国内企業と外資系企業の賃金格差

雪の木誇りを持って仕事をしたら、たくさんお金をもらいたい。誰もがそう思います。
楽してお金をもうけていると、罪悪感すら感じる人もいるかもしれません。トータルとして考えたときに稼いだ合計金額はどうなっているかはわかりませんが。。。
先を考えずにただなんとなく働くことは良いことではないことは確かです。誰にも負けないスキルをつけて腕一本でがんばるのか、それとも、実力と給与の関係が強い組織で働くのか、しっかりと考えていくことが大切だと思います。
誰も読まないOSのソース・コード[日経Linux]

まず,結論から言おう。 「エンジニアがOSのソース・コードを読めるようになると,活躍の場が一気に広がる」。そして,「コツさえ分かれば,OSのソース・コードはびっくりするほど簡単に読める」。
 ここでいうOSとは,Linuxのカーネル(OSの“核”となるソフト)のことである。筆者が上の2点を強く感じたのは,つい最近の,ある人物とのやり取りがきっかけだった。
 「カーネルのソースが読めると,たいそう儲かるってことが,分かってしもうたから」。「もうすぐ大学の仕事は定年や,でも定年後の収入の方が多いんとちゃうかな」—。
 筆者の耳に,迫力ある関西弁が突き刺さった。声の主は1949年生まれの57歳。神戸情報大学院大学助教授の赤松徹氏その人である。

平均格差83万円! 外資系 VS 国内企業の30代年収ギャップ[Tech総研]

外資は国内企業よりも成果主義がより浸透しているという一般論を踏まえれば、30代で厳しい賃金競争が繰り広げられていることが容易に想像できる。実際には年季を積んでもなかなか年収が上がらない人がいる一方で、昇進とともに大幅な賃金アップを果たす人もいるわけだ。もしその賃金競争に勝ち抜く自信があるなら、40歳時点での年収800万円をひとつの目標として、外資系で頑張ってみるという選択は大いにありうる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました