英会話

英会話

「英語ができる」と思われる“相槌の仕方”

ちょっとした動作に国民性やお国の文化を感じるもの。僕は子供の頃、トムとジェリーでたくさんの違和感を覚えた。手のひらを体の横に広げて「もう、ほんとに〜」っていう動作とか、いちいち人差し指を顔の前に立てて「いいかい?」というやつ。言葉は...
0
英会話

英語の学習にPodcastを活用する

テレビ番組での英会話学習はやはり不便さを伴う。毎回プログラムをスマートフォンに移して持ち出すことも可能だが、手間がかかり時間と労力がもったいない。そもそも、このような形を変えることに時間を使うのは今の時代ではナンセンスでしょう。だか...
0
英会話

英会話の学習にテレビやラジオのプログラムを活用する

翻訳アプリ以外にも学習材料はあります。 英語のラジオ番組 代表的なものはテレビやラジオの語学教育プログラム。50歳代の私としては早朝のAMラジオでやっていたNHKの基礎英語。中高校生時代にチャレンジしたものの...
0
50代からの働き方

NICT(情報通信研究機構)のVoiceTra(ボイストラ)

最近愛用しているNICT(情報通信研究機構)の翻訳アプリ、VoiceTra(ボイストラ)。 「大きな声で話してください」とありちょっと不安感を覚えますが、一人であればiPhoneとの距離を50センチくらいにして小さめの...
0
50代からの働き方

英会話の学習に翻訳アプリを活用する

英語でのコミュニケーションはますます重要になってきている。言語そのものに価値があるのではなく、この言語を使用している人が多いので意思疎通を図る上で極めて便利だから。この場合、必ずしも英語圏の文化が重要なのではなく、その言葉を媒体とし...
0
英会話

ヒアリング力UPのひけつは発音にあり

英語はビジネスの世界では事実上の共通語となっていることは誰もが認めざるをえないことだと思います。もちろん、文化や芸術の世界とは一線を画していますが、グローバルな活動をするための道具として重要な位置づけにあります。 流暢に話すことではなく、正...
0
英会話

英語教育に対する取り組み

英語教育に対する取り組みが活発になってきました。 今年からTOEICの試験制度も変更となることもあり、変革の年になるかもしれません。 ある程度の英語の知識が身につき、感性豊かな高校時代。ある意味、英語教育にとって、一番有効な時期かもしれませ...
0
英会話

英会話について

私はまだ恥ずかしいレベルではありますが、なんとか英語で仕事をこなすことができるようになりました。 大学時代は参考文書は英文ばかり、社会にでてからも英文マニュアルが多かったので、読むことについてはまったく抵抗はありませんでした。しかし、会話と...
0
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました