スポンサーリンク

あなたは転職市場から求められていますか?

2006雪まつり2資本主義経済は需要と供給のバランス。
自由化と流動化が進んだ労働市場においても、一部は当てはまると思います。
新入社員として入った場合には、倒産や早期退職制度に乗らない限り、あまりドラスティックな動きはないはずです。普通にがんばって、普通に仕事をこなせば、年功序列に沿って(たとえ昇格はなくとも)安泰に過ごせます。企業の経営状況が悪化しても、給与ダウンは思ったよりも大きくないものです。
しかし、人材派遣や転職という、”人”が動くことを前提とした労働市場はまったく違います。企業は、組織の体力強化に向けて、内部人材だけではまかないスキルを外部の優良な労働力から得ることに期待を膨らませています。
いわば、人材の流動化を加速させたのは、企業側(需要サイド)によるものだと判断しています。このことは転職サイトにはたくさんの企業が登録されていることからもわかります。
転職活動を有利に進めるするために、今一度、自分の強みと弱みを把握することが大切です。
  「自分の売りは何か?」
  「”絶対に欲しい”と思わせることができるのか?」
  「面接官に”私にいくら出せるのか?”と言い切ることができるか?」
優秀な人材は限られていますので、いくらお金を払ってでも欲しいものです。
もちろん、限界はありますが、平均的な人材を2人雇うところを1人にすればいいだけですから。
しかし、採用担当者は嘆いています。
 「どうして、自分のことばかり考えている人が多いのか」
 「入社後、自分がどのように活躍したいのかが述べられない人ばかり。」
自分の都合や勝手な思いだけで転職をすれば絶対に失敗します。
今、勤めている会社から逃げる人は面談をすればすぐにわかります。

会社に選ばれるスタンスになっていませんか?
転職者が会社を選ぶのです。
「入れればどこでも良い。」という気持ちが少しでもあれば、転職はすぐにやめるべきです。
年齢制限に引っかかる人、引っかからない人

ITエンジニアの転職現場から(15)~20代と30代以降では、企業が技術者に求めるスキルやキャリアはどう異なるのか。年齢制限をクリアする秘けつを紹介しよう

売り手市場続く不動産分野の人材、取得担当者の年収が上昇

不動産分野の人材不足が続いている。人材紹介最大手のリクルーエイブリックによると、2005年12月末時点の不動産関連の求人は550件で、年初に比べて増加した。一方、求人数に対して転職希望者は少ない。企業にとっては採用が困難、転職希望者にとっては選択肢が豊富にある状態となっている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました