スポンサーリンク

転職はキャリアデザインの一手段

転職はキャリアデザインを考える上で、自己のステップアップの一手段でしかない。
このことを忘れてはいけない。転職すればどうにかなる、現状から逃げ切れば何か新しい世界が見えてくる。このような考えでは失敗する。表面的な事象として、「転職が失敗した」と映るであろうが、本当はそうではない。「キャリアデザインの一歩に失敗した」ということである。
では、転職を考える上で何が大切であろうか? 3つのポイントを再確認してみてはいかがであろう。
 □今の仕事の良いところを10個以上挙げる
 □中長期的な人生計画と現状との乖離はどれだけあるか
 □自分にとって支援者はどれくらいいるか
安易に転職を考えることは、今までのキャリア(経歴)を無駄にしてしまう危険性をはらんでいる。未来は過去の積み重ねであり、過去を否定することで明るい未来を作ることはできない。まずは、すべて受け入れることからスタートしてみて欲しい。
一番良い転職は、先方から呼ばれて移ることである。
大不況時代の「かしこい転職タイミング」[リクナビネクスト]

相次ぐ倒産、リストラ、失業率の上昇と、景気が回復したとは言い難い状況が続いている。給与もボーナスも激減する中、このまま会社に残るべきか、思い切って外に飛び出すか、非常に悩むところだ。そこで、経験豊富な人材コンサルタントに、「かしこい退職のタイミング」について話を聞いた。事例をもとに、自分にふさわしい岐路を選択しよう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました