スポンサーリンク

応募書類に工夫をすれば格段に有利な転職が可能になる

WhitePU転職をする際に、応募者と採用組織との間にギャップを感じるのが書類です。
採用側は応募者が思っている以上に、書類を大切にします。かなりのウェイトを占めています。
『紙で俺のことの何がわかるんだ。面談できちんと説明すべきこと。』という意識があればすぐに捨ててください。
『紙という一般的な媒体を使って、限られたスペースで自分を表現できる能力があること』を最低条件にしているのですから、応募書類はさまざまな意味を持ちます。”読んでもらいたい”、”知ってもらいたい”、”ここが売りだ”、”私を採らないと損をしますよ”というメッセージがあふれてくると、採用者側の気持ちはとても前向きになります。
さて、採用をする際に一番最初に目が行くのが履歴書の写真です。顔はその人の人生を物語ります。
自分の思い描いているイメージにあった写真を選んでください。大切です。
次は職務経歴。
これは、まさに文書作成能力、プレゼン能力、仕事への取り組み姿勢、コミュニケーション能力が問われます。優秀な人材の書いた書類は素晴らしい。一目見て分かります。一目見て全体が分かる、読みたい情報がすぐに得られる、情報が詰まっている、冗長性がない、読んでいて飽きない。これは仕事の文書作成能力と直結することです。
さて、[en]転職コンサルタントの記事をご紹介します。

転職活動の第一関門といえる書類選考。書類選考で不採用が続くと「今までのキャリアは評価されないのだろうか…?」と、どうしようもなく不安な気持ちになるものです。
転職成功者の方のレポートを見ても、書類選考に苦労した方は多いです。そんな皆さんも「書類の見直し」が転機となって「書類選考を通過するようになった」「スカウトが入るようになった」ということです。
そこで、職務経歴書作成のコツをまとめた新コーナー「2006年版 職務経歴書の“新”常識」をOPENしました。書類選考を通過するため、スカウトを有効に活用するために、ぜひこの情報をお役立てください!

 ■ 2006年版 職務経歴書の“新”常識
 ■ 採用担当者は応募書類のココを見る!
 ■ 書類選考に通る、職務経歴書のコツ

コメント

タイトルとURLをコピーしました